保険を見直す

私は今から約25年前の24歳の時に第一生命の終身型保険に加入しました。この第一生命の終身型保険は加入当時、月々の保険料が約20000円で事故で死亡した時に5000万円、病気で死亡した時に4000万円の死亡補償と、がんや心筋梗塞や脳卒中などの三大疾病になった時は300万円を一括で受け取ることが出来る保険でありました。また入院補償も入院五日目から入院一日に付き5000円の入院補償がありました。この第一生命の終身型保険は10年ごとに保険料が更新され、保険料が高くなる保険でありました。私は新規加入後10年目の34歳の時に保険料が更新されましたので、保険見直しを行いました。この時は月々の保険料を約20000円で抑えるために死亡補償額を下げることにしました。

事故で死亡した時には5000万円から4000万円に減額し、病気で死亡した時には4000万円から3000万円にそれぞれ減額して更新しました。次に20年目の44歳の更新の時は同じく月々の保険料を約20000円に抑えるために、事故で死亡した時には4000万円から3000万円に減額し、病気で死亡した時には3000万円から2000万円にそれぞれ減額し保険見直しを行いました。そして次の更新時の54歳まではまだ4年ありますが、4年後にはまた保険見直しを行うように予定しています。このようにこの第一生命の終身型保険は10年ごとに保険料の更新があり、その都度保険見直しが必要となります。以上が私の保険見直しについてでした。